WEBとは何なのか?

pasoconn ウェブ

WEBとは、「世界のどこにいてもコンピューターによって情報を得られるシステム」のことです。

WEBは、World Wide Webの略で日本語で「クモの巣」を意味し「情報がまるでクモの巣のように網目状に張り巡らせた世界」をイメージしてWorld Wideに広がったそうです。

私は、WEBの知識は全くなく何かの略なんだろうなぁと思う程度でしたがこれから仕事をする上で少しの認識の食い違いで大きな誤解を招くかもしれないということを指摘され基本的な事から学んでいきました。

WEBとインターネットの違い

sumartphone

WEBとインターネットは、大まかに同じ意味だと思っていましたが厳密に言えば違います。

まず、「インターネット」は、世界中のネットワークが相互に接続されている巨大なコンピュータネットワークを指します。

それに対し「WEB」とは、[World Wide Web]通称WEBは、インターネットを使って文書を公開し、どんなコンピュータでも文書を閲覧できるシステムを指します。

1991年に仕様発表され通信規約はTCP/IPは、ネットワークを支えるために最も重要な要素です。

TCP/IPとはコンピュータネットワークインターネットを動かしている通信技術を一式として総称したものを、TCP/IPといいます。

WEBを開発したのは?

World Wide Web [WWW]を考案し、ハイパーテキストシステム」を実装・開発したのは、当時CERNの研究者であったティム・バーナーズ=リーです。

URL,HTML,HTTPも彼の手によるものです。

イギリスのロンドン生まれでオックスフォード大学を卒業し電話会社に就職し、たった2年後で辞め欧州素粒子物理研究所のシステムの開発を任され電話会社時代に培われた技術によりWEBを開発することが出来たのだそうです。

電話会社で働くことが自分に合わなくて辞めたそうなんですがもし彼が電話会社に就職してなかったら全く違う誰かが開発していたか少し違うWEBが誕生されていたかのしれませんね。自分にとってその時は、嫌な事であっても長い人生の中で見たら必要な事だったりするんですね。

ティム・バーナーズ=リーのようにプラスに影響する場合もあるんだなぁと少し感動しました。

ちなみに、開発をした功績からイギリス王室の騎士の称号をもらっているそうです。

WEBが表示される仕組み

  1. ユーザーは、WEBブラウザのアドレスバーにURLを入力することでWEBサイトの閲覧が出来ます。
    [*WEBブラウザとは、WEBサイトを閲覧するために使うソフトの事]
  2. ブラウザは入力されたURLから、DNS「ドメインネームサーバー」で処理され、WEBサーバーへメッセージを抜き出す
    [*DNSサーバーとは、人が使う言葉で書かれた住所「ドメイン」とネットワーク上のコンピューターで翻訳してくれる機器の事]
    [*WEBサーバーとは、利用者側のコンピュータから情報や機能を提供するソフトウェアの事]
  3. ブラウザは、DNSサーバーにドメイン「ーーーー.com」のIPアドレスを問い合わせする
  4. DNSサーバーは、IPアドレスを返す
    [*IPアドレスとは、ネットワーク上で通信相手を間違えないようにナンバー化された機器の事]
  5. ブラウザは、DNSサーバーのIPアドレスにHTTPリクエストを行う
    [*HTTPリクエストとは、閲覧している内容をWEBサーバーに対して要求する事]
  6. WEBサーバーが通信okなことを意味するHTTPレスポンスを返す
    [*HTTPレスポンスとは、WEBサーバーから要求されたことへの返事をする事]
  7. ブラウザは、WEBサーバーへ、必要なページをリクエストす
  8. WEBサーバーは、ページのHTMLを変換して、画面に表示する

私たちは、ブラウザを開いて入力すれば簡単にwebサイトを閲覧できますがその裏でDNSサーバー、WEBサーバーが一瞬の内に機能し通信されていることがわかりましたね。

専門用語を理解する重要性

WEBについてよく理解しないままWEBデザインの勉強をしいて、先生が言った専門用語が分からなかったんでがそのまま何となくで進んでいたら、全く違う作業をしていたという失敗がありました。

仕事をする上でとても重要な事だという事が改めて理解できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました